からだの声と銀の鍼

世田谷区用賀の竹内鍼灸治療院/自然の摂理に身をゆだね、心とからだを銀の鍼で紡ぎます

経絡治療に思うこと3(鍼と催眠療法)

さて、催眠療法というと皆さんはどのようなイメージを思い浮かべますか?私もはじめは催眠ときくと「あなたは眠くな~る…」を想像してしまいました。それになぜ催眠と前世は関係があるのか。前世については、生まれ変わりや死後の世界を信じていることが必須条件?という疑問もありました。

 

ともすれば、神秘的な事柄には「オカルト的」「特定の人が好きそうな」「胡散臭い」といった雰囲気が漂い、受け入れがたいと思われる人もいるでしょう。私の場合、興味本位でスピリチュアルとかパワースポットなどと騒ぐことにはとても違和感を覚えます。

 

イーハトーヴクリニック萩原先生のセミナーはこのようなあやふやなイメージではありません。大学病院の消化器外科医として30年以上にわたる臨床経験を積まれた萩原医師は、ホリスティック(全人的)な立場から、病気を単に肉体的な問題とみるのではなく、魂・精神まで踏み込みこんだ原因に基づき、根本的な医療を行っています。そして催眠療法が心身の問題解決の一助になるというメッセージを明確に伝えています。

 

催眠療法についてHPから抜粋して掲載する許可を頂きました。

催眠療法とは、顕在意識の下に存在し、意識の90%以上を占めている潜在意識と顕在意識がつながった状態で行なう心理療法のことです。
催眠状態になって潜在意識とつながると、その中に暗示やイメージを送り込みやすくなります(暗示療法、イメージ療法)。
また、その中にある記憶を思いだしやすくなります(前世療法、年齢退行療法、胎児期退行療法、未来世療法)。
その状態を利用して、今世の幼い頃(年齢退行療法)、前世の人生(前世療法)、胎児期(胎児期退行療法)などに退行してその時の出来事を体験したり、未来へ順行してその人生を経験(未来世療法)することにより、これまで気づかなかった事が浮かんだり、思い出したりすることがあります。
そして、そこでの体験から得られた学びや気づきが、現在の問題の解決や目的の達成につながったりする可能性があるのです。 

ご興味あるかたは催眠療法|前世療法|イーハトーヴクリニック催眠センター|神奈川県横浜市たまプラーザのサイトをご覧ください。

 

普段、私たちが論理的に物事を考えたり、意思や決断を行う顕在意識は新しい脳と呼ばれる大脳新皮質がつかさどっています。一方、感情、感覚、直感や記憶、想像力を担う潜在意識は古い脳と呼ばれる大脳辺縁系に保持され、無意識とも言われます。潜在意識はその人の胎児期からの全記憶の他、肉体を持たない魂の記憶、そして前世(過去世)の記憶ともつながっていると考えます。また、ユングは無意識には「個人的な経験とは関係のない、民族や人類の誰もが共有している無意識層がある」と考え、この無意識を「集合無意識」と呼んでいます。さらに私たちの潜在意識は、植物や鉱物、宇宙と共有していると述べています。

 

私が思わず感嘆の声をあげたのは「人類共有の無意識層」「植物や鉱物、宇宙との共有」という考え方。まさに私が実践している鍼は、この階層にアプローチすることを念頭に置いて治療を行っているからです。

 

東洋思想には『天人合一』という考えがあり、人体は天地の自然と相応しているという意味です。私は常に患者さんに対して人は自然の一部という認識を持ちながら鍼をしています。また、経絡治療の治療原則は陰陽五行論に基づいています。陰陽五行とは大自然や宇宙の法則をもとに考えられた理論です。実際の治療においては、この陰陽五行論を前提として、さらに症状や体質、生活環境等を鑑みて適切な治療計画を立てます。

 

私の鍼治療では、多くの患者さんがとてもリラックスした状態で治療を受けています。そう、まるで催眠療法がおこなわれる潜在意識下と同じような状態です。それから催眠療法は自身の深い意識の中から学びや気づきを得ることで、問題解決や目的の達成につながる可能性があると考えています。経絡治療では、患者さん本来のあるべき姿に立ち返ることで自己治癒力が向上し、病から回復するという考え方があり、催眠療法と非常によく似ています。どちらも解決の糸口は自分の中にあるということです。

 

さあ、次はいよいよ催眠療法体験編です。

f:id:takehari:20170418000618j:plain

瞑想中?

 

東京世田谷区用賀/東急田園都市線 用賀駅徒歩4分

脈診経絡治療 竹内鍼灸治療院