読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

からだの声と銀の鍼

世田谷区用賀の竹内鍼灸治療院/自然の摂理に身をゆだね、心とからだを銀の鍼で紡ぎます

診断即治療

東洋医学では「証に随って(したがって)治療する」随証療法を基本とします。経絡治療では西洋医学でいうところの診断を証決定と呼び、証決定をするための予備行為として、症状を五行に分類したり、十二経絡の変動を診たり、体質・病因などを考え合わせ、四診法をにより体を診察します。四診とは『望診(視覚)、聞診(聴覚・嗅覚)、問診(問いかけと応答)、切診(触覚・脈診)』などの五感を働かせて、病態を把握する方法です。このようにして導き出された主証は直ちに治療へと結びつきます。(診断即治療)主証が決定して実際の治療を行うには、どの経絡のツボにどのような施術をするのか、用いる鍼の選択は?手技手法は?と瞬時に判断します。来院した患者さんにお話を伺っているあいだ、私の頭の中はフル稼働してこれらの情報をまとめ上げているのです。

 

治療にあたっては治療原則というものがあります。専門的な用語になりますが「陰主陽従」「補法優先」「相剋調整」「片方刺し」「難経六十九難の法則」に基づきます。語句の説明はさておき意味を要約すると、陰陽五行論と難経(なんぎょう:東洋医学の原典、黄帝内経と並ぶ三大古典のひとつ)の法則に従って治療を行うということです。

 

「相剋調整」と「片方刺し」は、私が学んでいる流派の独特の治療法で、古典における不変の真理を貫きながら、時代、地域、環境条件の変容にあわせ実地臨床上に即して確立した手技手法です。片方刺しについて言えば、たとえば手首には太淵(たいえん)というツボがあります。太淵は左右の手首にありますが、両方の太淵に鍼をするのではなく、どちらか片方のみに鍼をするという手法です。経絡治療では陰陽バランスの偏りが病症の原因と考えます。手首の太淵を治療対象穴とする場合、気の巡りの旺盛な方を適応側とします。これは、気血の巡りの良い方に施術をした方が治療効果が高いからです。活発に働いている経絡のツボを使い、気血を全身に巡らせて自己治癒力を促します。

 

では左右のどちらを適応側とするか。通常は男性が左、女性は右とします。ただし男性でも症状が左に偏っている場合は巡りのよい右側に、女性でも症状の偏りをみて同様に判断します。性別でわけるのは、臓器や生理機能の違いで気血の巡りにも影響があるからです。それから、どちらの性も兼ねている方や見た目とは違う性の方もいらっしゃいます。その場合はご自身本来の性や性別だけに限らない様々な方法で治療を決定していきます。

 

また東洋医学においては五行論の基本元素である「木・火・土・金・水」と人体の相互関係を治療原則としていますが、やはり古代中国で確立したそのままの原則を現代人に当てはめるには無理があります。そこで経絡治療では「相剋調整」という独自の治療法則を考え出しました。(詳しくはまた今度) このように経絡治療というのは、二千年前の古典医学を土台としながら、おひとりおひとりに合わせて治療を施す、ダイナミックかつ繊細な治療といえます。そしてご紹介した内容は経絡治療のほんの一部。私も日々勉強の連続です。

 

伝統医術とは本当に奥深いものです。毎日の臨床で患者さんと接していますと、科学では説明がつかない(科学が追い付かない?)現象がたびたび起こります。まさに時空を超えて。そしてそれを患者さんと分かち合うことのできるこの仕事に私は生きがいを感じています。

f:id:takehari:20170223141932j:plain

 

東京世田谷区用賀/東急田園都市線 用賀駅徒歩4分

脈診経絡治療 竹内鍼灸治療院

広告を非表示にする

経絡治療に思うこと5

当院には様々なお悩みの方が訪れます。腰痛、肩こり、膝の痛み。頭痛や月経不順、慢性疲労、虚弱体質、様々な不定愁訴。赤ちゃんを望まれる方や逆子ちゃんも。心因性の症状や思春期に多く見られる体の不調。花粉症やアトピーなどのアレルギー症状。病院ではいくつもの専門外来に分れる症状ですが、鍼灸院は診断をするところではありませんので、どのような症状の方でも治療対象となります。もちろん外傷や感染症他、病院での加療が必要と思われる場合は、すみやかに適した医療機関を受診するようお伝えします。

 

皆さんが鍼灸院に足を運ぶ理由。「病院の検査結果では異常がなかった」「もう長いこと不調が続いているが、鍼灸で改善が望めるのなら」「マッサージや整体で楽になるのはその場限り」とお話しされる方が多くいらっしゃいます。では、あまたの鍼灸整骨院や整体等と経絡治療は何が違うのでしょうか。

 

経絡治療では陰陽五行説を根幹として治療方針を決定しています。陰陽五行説とは、宇宙の法則や自然の摂理を説いたものであり、私たち人間もその自然の一部であるという考え方です。五行というのは宇宙と大自然を構成する5つの基本物質のことをいい、その特性を『木・火・土・金・水』に当てはめます。なんとシンプルなのでしょう。

 

本来、人は生まれ落ちた環境に適応しながら、自分の特性を活かして働くことで、周囲と調和して今生の役割を発揮します。人の体にも自然界と同じように五行の特性があり、それらの調和がとれていれば、個人の健康も周りとの関係も調和が保たれると考えます。ですから心身の不調はそのバランスが崩れることによって起こります。身体は病気という手段で自分にメッセージを送っているのです。経絡治療では、陰陽五行の相互関係に不具合が生じたために、身体(五臓)に病変が現れるとみているので、五臓を経由する経絡を整えることで健康を取り戻すと考えます。経絡治療が様々な病症に対応出来るのは、病を検査の数字や局所の症状では診ていないからです。

 

私たちは具合が悪くなってはじめて自分の体に意識を向けます。この辛い状況をどうしたものか、と顕在意識が認識するまで全く気が付かないでのです。でも本当は、もっと前から身体は自分に何らかのサインを送っているはずです。分っていたけれど見て見ぬふりをしていたのかも知れません。病気はあるとき突然に現れるわけではありません。ちゃんと潜在意識の中では存在していたはずです。病気といえども、自分が作り出した産物なのです。

 

自分で作り出したものであれば、自分で取り除くことができる。

 

経絡治療は、患者さん自身の自己治癒力を高めることを最大の目的としています。体質、普段の生活や過去の生活習慣、症状の現れ方など、たくさんの情報から読み取った内容を陰陽五行に照らし合わせて治療をたてます。それがひとりひとりの本質を見極める手がかりとなります。本来の自分自身に還ることができれば、自分が作った病も自分で癒すことができる。鍼灸はそのお手伝いをしているだけなのです。

 

哲学者、神学者、医者でノーベル平和賞受賞のアルベルト・シュバイツァーはこう述べました。『すべての患者は、自分の中に医者を持っている』

 

そうなのです。医療に携わる私の役割は、患者さんが自分で治ろうとする力を最大限に発揮できるようにサポートすること。実はこの言葉、催眠療法を学ぶうえで、萩原先生が最も大切なこととしてお話しされた言葉のひとつでした。「催眠療法と経絡治療」手法は違いますが、きっと目指すところは同じなのではないでしょうか。

 

鍼灸は伝統医術です。科学的根拠を主張するにはあまりに心許ないと言わざる負えません。しかし人間の奥底には計り知れないほどの創造性があります。なぜならそれが宇宙と繋がっているからです。そのように東洋哲学では考えているのです。経絡治療を実践していると、その片鱗が垣間見えることがあります。そんなとき、私は患者さんとの気の交流を感じるとともに、大自然との一体を思わずにはいられません。

 

f:id:takehari:20170410233308j:plain

 

東京世田谷区用賀/東急田園都市線 用賀駅徒歩4分

脈診経絡治療 竹内鍼灸治療院

 

経絡治療に思うこと4(催眠療法実践編)

さあ、いよいよ催眠療法セミナーです。ちなみに私は『基礎セミナー2日間』を受講後、『退行催眠スタンダード6日間』の合計8日間で前世療法、年齢退行、胎児期、近未来療法のレクチャーと実技を学びました。クライアントとしてセッションを受けるだけでなく、セミナー中はセラピスト役とクライアント役を受講者同士で何度も何度も繰り返します。面白いことに回数を重ねていくと、あっという間に催眠に入れるようになっていきます。

 

セッション実習では何度も自分の前世や幼児期を体験します。そのたびに違った学びや気づきの発見があり驚きの連続でした。はじめに自分の解決したい問題などテーマを決めて催眠に入るのですが、思いもよらない映像(イメージ)が次々と展開されていきます。それらは私の死生観であったり、家族に対する感情だったり、仕事の向き合いかたなどを見事に投影したもので、まるで深層の見えない意識を浮かび上がらせるために映画やドラマとして再現するかのようです。

 

また、このセッション内容はびっくりするほど盛り沢山。たとえば前世の世界で死を迎えると、魂は肉体と離れてあの世のような場所へ向かいます。そこでは自分を守ってくれる”大いなる存在(神様とかマスターとか守護霊とか呼び方は何でも可)”と対話をしたり、会いたいと思っている人物(生死問わず、ペット、マイケルジャクソン…)、誰とでも対面ができます。

 

ようするに自分のイメージで自由に思いを体現できるのです。「なんだ単なる想像か」と侮ってはいけません。そこには思いもよらないメッセージ隠されていたりするのですから。

 

私の場合、数年前に急死した『まこ』という名前の猫に来てもらいました。生前のまこはとても不思議なネコでした。まこのお腹にはチャックがあって、開けると絶対に人が入っていると思わせるような猫なのです。我が家に来た経緯も偶然がいくつも重なってのことでした。突然死であっという間に短い生涯を閉じてしまったのですが、家族の誰もが強烈な印象を持っている猫です。

 

私の潜在意識から現れたまこは、ひとこと私に言いました。「小さきものに愛を」

 

まこが教えてくれたこと。小さな生き物や名の知らない草花であっても、あなた方が慈しみのまなざしで心を通わせれば、いつでもそこに大切なメッセージを見出すことができる、と。

 

言葉にするとちょっと陳腐な感じもありますが、実際はもっとこう、なんていうか感情とともにドーンとぶつかってくるような。映画をみていて、あるシーンのたった一言で思わず感情が溢れてくる、ってことありませんか?一瞬の中にたくさんの意味が含まれていて、頭で理解するのではなく心でまるごと受けとめる感じ。

 

もうね。私、言葉がありません。

「ほら泣け、それ泣け」といった感動シーンでもないのに、知らずにサラサラと涙が流れてくる。本当に不思議なくらいに涙が出るのです。何ともいえない幸福感と感謝の気持ちに満たされて、セッションを終えたのでした。

 

前世に関しては”淡々と”、といった感じなのですが、江戸時代の両替商の娘だった時には、番頭さんとして登場した人物が現在の夫だったので大笑い。なぜかというと現実の世界でも、私の治療院の会計は経理の知識に長けている夫が担っているのですから。

 

他にもたくさんの前世を体験してきましたが、どのストーリーも現在の私の自己、人格とつながっていました。誰かの人生を客観的に見ているようでもあり、でもそれは自分と同一人物なのだと認識しているのです。

 

催眠療法を問題解決の方法として選択するうえで、最も重要なこと。

『こたえは自分の中にある』

 

萩原医師は言います。(HP/萩原先生のメッセージより抜粋)

どんな悩みであっても、例え、それが心の悩み、身体の悩みであっても、私たちは、その悩みは私たちの思考が作り出したものです。通常の西洋医学では体に注目して、診断、治療をします。イーハトーヴクリニックでは、体よりむしろ心・精神面に重点を置きます。心・魂のレベルで催眠を用いて、その病気の根本原因を探ります。慢性疾患の殆どは心・魂がその原因です。その観点からは、すべての病気は、どんな状態からも挽回可能なのです。

 

この考えは、東洋哲学を基盤として医療を実践する私の心に深く響きました。

つづく。

 

f:id:takehari:20170427114943j:plain

不思議ネコのまこ

 

東京世田谷区用賀/東急田園都市線 用賀駅徒歩4分

脈診経絡治療 竹内鍼灸治療院

経絡治療に思うこと3(鍼と催眠療法)

さて、催眠療法というと皆さんはどのようなイメージを思い浮かべますか?私もはじめは催眠ときくと「あなたは眠くな~る…」を想像してしまいました。それになぜ催眠と前世は関係があるのか。前世については、生まれ変わりや死後の世界を信じていることが必須条件?という疑問もありました。

 

ともすれば、神秘的な事柄には「オカルト的」「特定の人が好きそうな」「胡散臭い」といった雰囲気が漂い、受け入れがたいと思われる人もいるでしょう。私の場合、興味本位でスピリチュアルとかパワースポットなどと騒ぐことにはとても違和感を覚えます。

 

イーハトーヴクリニック萩原先生のセミナーはこのようなあやふやなイメージではありません。大学病院の消化器外科医として30年以上にわたる臨床経験を積まれた萩原医師は、ホリスティック(全人的)な立場から、病気を単に肉体的な問題とみるのではなく、魂・精神まで踏み込みこんだ原因に基づき、根本的な医療を行っています。そして催眠療法が心身の問題解決の一助になるというメッセージを明確に伝えています。

 

催眠療法についてHPから抜粋して掲載する許可を頂きました。

催眠療法とは、顕在意識の下に存在し、意識の90%以上を占めている潜在意識と顕在意識がつながった状態で行なう心理療法のことです。
催眠状態になって潜在意識とつながると、その中に暗示やイメージを送り込みやすくなります(暗示療法、イメージ療法)。
また、その中にある記憶を思いだしやすくなります(前世療法、年齢退行療法、胎児期退行療法、未来世療法)。
その状態を利用して、今世の幼い頃(年齢退行療法)、前世の人生(前世療法)、胎児期(胎児期退行療法)などに退行してその時の出来事を体験したり、未来へ順行してその人生を経験(未来世療法)することにより、これまで気づかなかった事が浮かんだり、思い出したりすることがあります。
そして、そこでの体験から得られた学びや気づきが、現在の問題の解決や目的の達成につながったりする可能性があるのです。 

ご興味あるかたは催眠療法|前世療法|イーハトーヴクリニック催眠センター|神奈川県横浜市たまプラーザのサイトをご覧ください。

 

普段、私たちが論理的に物事を考えたり、意思や決断を行う顕在意識は新しい脳と呼ばれる大脳新皮質がつかさどっています。一方、感情、感覚、直感や記憶、想像力を担う潜在意識は古い脳と呼ばれる大脳辺縁系に保持され、無意識とも言われます。潜在意識はその人の胎児期からの全記憶の他、肉体を持たない魂の記憶、そして前世(過去世)の記憶ともつながっていると考えます。また、ユングは無意識には「個人的な経験とは関係のない、民族や人類の誰もが共有している無意識層がある」と考え、この無意識を「集合無意識」と呼んでいます。さらに私たちの潜在意識は、植物や鉱物、宇宙と共有していると述べています。

 

私が思わず感嘆の声をあげたのは「人類共有の無意識層」「植物や鉱物、宇宙との共有」という考え方。まさに私が実践している鍼は、この階層にアプローチすることを念頭に置いて治療を行っているからです。

 

東洋思想には『天人合一』という考えがあり、人体は天地の自然と相応しているという意味です。私は常に患者さんに対して人は自然の一部という認識を持ちながら鍼をしています。また、経絡治療の治療原則は陰陽五行論に基づいています。陰陽五行とは大自然や宇宙の法則をもとに考えられた理論です。実際の治療においては、この陰陽五行論を前提として、さらに症状や体質、生活環境等を鑑みて適切な治療計画を立てます。

 

私の鍼治療では、多くの患者さんがとてもリラックスした状態で治療を受けています。そう、まるで催眠療法がおこなわれる潜在意識下と同じような状態です。それから催眠療法は自身の深い意識の中から学びや気づきを得ることで、問題解決や目的の達成につながる可能性があると考えています。経絡治療では、患者さん本来のあるべき姿に立ち返ることで自己治癒力が向上し、病から回復するという考え方があり、催眠療法と非常によく似ています。どちらも解決の糸口は自分の中にあるということです。

 

さあ、次はいよいよ催眠療法体験編です。

f:id:takehari:20170418000618j:plain

瞑想中?

 

東京世田谷区用賀/東急田園都市線 用賀駅徒歩4分

脈診経絡治療 竹内鍼灸治療院

 

 

経絡治療に思うこと2(催眠療法編)

ということで前回の続き。

鍼の治療中はスヤスヤとおやすみになる患者さんが多くいらっしゃいます。私も鍼の勉強会等で模擬患者になると、本来であれば受け手としての役割を果たさねばならないのですが気が緩むとついウトウト…

 

模擬患者の時ですらこんな調子なので私が本気の患者として横になると、あっという間に眠りへと突入です。一般的な鍼治療のイメージからすると、鍼の痛さに耐えながら眠くなるなんて!と思われがちですが経絡治療の鍼は全く痛くありません。そして自己治癒力を高めて病苦を取り除くのが目的ですから、自律神経系の副交感神経が優位になるので眠くなるのです。副交感神経が高まると心身ともにリラックスして免疫力も向上します。このような状態の中でしっかり鍼をするのです。

 

そして、このときの眠りには特徴があります。寝息をたてている方でも、たとえば姿勢を変えてもらうために「横を向いてください」と声をかけると、みなさんすぐに反応されます。しかも寝ていたことにご本人が気が付かないときもあります。そう、寝ているのか起きているのかわからない状態なのです。逆にほんの短い間のおやすみでも「眠っていたけれど時間の感覚が全くわからない。熟睡してしまった」とおっしゃる方もいます。そして目覚めはすっきりと覚醒して、治療後は体が軽やかになる方が大半です。もちろん、主訴の消失や症状が和らいでいることも実感されます。たとえ治療直後にあまり変わりがなくても、翌日には変化を感じる方も多くいらっしゃいます。

 

治療中にいったい何が起きているのでしょう。経絡治療は気の調整を行うことで自己治癒力を引き出すのですが、私はこれが変性意識状態で起こっているのではと考えています。いわゆる催眠状態です。脳波はα波という非常にリラックスしたときの波形を表します。

 

話は少し逸れるのですが、昨年、私は翻訳家の山川亜希子氏の講話を聞く機会がありました。山川さんはアメリカの精神科医、ブライアン・L・ワイス氏の「前世療法」を翻訳した方です。実は私がこの本を手に取ったのは今から十数年も前のこと。それが偶然にも昨年の11月に友人から山川さん講話の誘いを受けたのです。本を読んだ頃を懐かしく思い出しました。当時の私はいわゆる精神世界について漠然と憧れをもってはいたけれど、結局はよく理解できませんでした。

 

今回は山川さんの現在の取り組みのお話が主でしたが、ふと前世療法を含む催眠療法ヒプノセラピー)のことが気になり、調べてみることにしたのです。それから間もなくして、私は統合医療として催眠療法を実践しているイーハトーヴクリニック医師の萩原優(はぎわらまさる)院長による催眠療法セミナーを受講することになるのですが…

 

つづく。

f:id:takehari:20170410233308j:plain

 

東京世田谷区用賀/東急田園都市線 用賀駅徒歩4分

脈診経絡治療 竹内鍼灸治療院

経絡治療に思うこと1

治療中、鍼やお灸を患者さんにあてたときに「ああ、今のところからすーっと流れていく感じがします」とお話しされる方が時々いらっしゃいます。「どのように流れました?」と聞くと経絡の流れに沿っていることがよくあります。患者さんは経絡の走行を知りませんので、あとで院内にある経絡人形を見てもらうと「おお~」と驚かれます。

f:id:takehari:20170403095226j:plain

私が施術しているときは、鍼を持つ右手(刺し手)の鍼先が緩んだ感じや、鍼先を抑える左手(押し手)の手のひらにふわっと広がる感覚を気の流れる合図と判断し、鍼を抜きます。この間、数秒です。

 

この私の感覚とほぼ同時に、患者さんから先ほどの言葉が発せられることが多いのです。もちろん、すべての患者さんがそのように感じるわけではありません。鍼をしているのにお灸のように温かいとか、鍼とは別の箇所にじわじわとくる、などいろいろです。特に何の変化もないということも普通です。感じないからと言って気が流れていないとか、鍼の効果が伝わらないということではありません。

 

鍼の影響は脈やお腹の変化として現れます。患者さんのお腹が鳴ったり、施術中に静かな眠りに入るのは副交感神経が優位になり、心身がリラックスしているからです。施術後は肌の血色がよくなり、全身が軽く感じるのは気血がめぐり自己回復力が高まっている証しです。

 

よく鍼はプラシーボ効果、つまり心理的影響や思い込みなのではといわれることがあります。しかし本当にそうでしょうか。ではどうして言葉を介して説明できない赤ちゃんや動物にも鍼が有効なのでしょう。

f:id:takehari:20170403103658j:plain

鍼大好き。我が家のにゃんこ。

 

私が実践している経絡治療の沿革は、中国古代の東洋哲学(黄帝内経の素問・霊枢、難経)に根差した考えをもとに、奈良時代のはり医術から江戸時代のはり医の学術の流れを汲んでいます。明治政府により西洋医学の普及が促進され鍼灸治療は衰退していきますが、昭和の初めに柳谷素霊という人物が『古典に還れ』と叫び、その声に応じた竹山晋一郎、井上恵理、岡部素道により唱えだされたものが経絡治療の成り立ちです。

 

西洋医学による刺激理論の局所的な鍼灸とは一線を画した経絡治療は、中国伝来の鍼灸術が日本において発展した古典臨床鍼灸です。

 

実はこの経絡治療、海外でも実践する鍼灸師が多数おります。私が所属する経絡治療の学術団体『東洋はり医学会』は海外14支部が存在し、これほどの拡がりは他団体では見られません。

 

その理由として考えられるのは、日本鍼灸といわれる経絡治療ですが、決して日本人のためだけの鍼灸という位置づけではないからです。各地の風土、ひとりひとりの生活環境、心身一如(心と体はひとつである)の考えを持ち、自然の摂理に従って実践する鍼灸術だからこそ、世界各国でも受け入れられているのではないでしょうか。

 

このような臨床を日々行っていますと、鍼灸は医療という枠を超えてもっと何か大きな集合的意識の中に存在するのではないかと私は考えるのです。そしてその疑問を明らかにするべく、先月私はとあるセミナーを受講したのですが...

 

つづきは次回。

 

東京世田谷区用賀/東急田園都市線 用賀駅徒歩4分

脈診経絡治療 竹内鍼灸治療院

太古の息吹

先日、父の安否確認で北海道に帰省しました。老いを重ねる父にとって、冬の暮らしは年々厳しさを増しているようです。実家の裏の畑から望む日の出。樹木のむこうには大雪山が連なります。この時期、まもなく雪原に灰色の融雪剤が撒かれ、美しい白さは失われます。しかし長い冬の終わりを告げるその光景を父は安堵して眺めるのでしょう。

f:id:takehari:20170317141846j:plain

 

そして私たち家族は道北の実家をあとにして、登別温泉のすぐ近く、白老町へと向かいました。宿泊先の宿海の別邸 ふる川 | 北海道 白老の温泉旅館は眼前に太平洋が拡がる素晴らしいロケーション。

f:id:takehari:20170317144153j:plain

 (宿のHPより画像拝借)

 

今回の帰省でどうしても訪れたかったのが、ここ白老(しらおい)の地。白老の歴史は8千年前の縄文時代までさかのぼります。写真、ホテル眼下の海沿いから続くアヨロ海岸一帯の虎杖浜地区ではアイヌ文化の遺跡が多く発掘されています。5千年前の縄文時代前期、3千年前の純文時代晩期の土器等が出土され、太古の息吹を間近に感じるエネルギーに満ち溢れた場所なのです。縄文時代に並々ならぬ憧れを抱いている私にとってはまさに聖地!

 

アヨロ海岸にはアイヌ語でアフンルパロ(あの世の入り口)とよばれる洞窟があるそうです。昔、昆布拾いをしていたおじいさんが、亡くなったはずのおばあさんを浜で見かけて声をかけたが、大きな岩穴に入って消えてしまった。という言い伝えがあるそうです。黄泉の国のようなお話です。残念ながら時間がなくて行けなかったのですが、次回はぜひ訪れてみたいです。

 

ホテル館内には縄文土器や丸木舟などが飾られ、ラウンジの華美でない重厚な家具や囲炉裏、書棚がよい雰囲気。そしてここでは時間ごとに違うフリードリンク、こだわりのヨーグルト、食前酒、食後のホットワインのサービス、豚汁などが次々と振る舞われ、とても居心地がよいのです。おすすめのホテルですよ!

f:id:takehari:20170317182119j:plain

 

部屋のテラスから太平洋を一望。今年は母の13回忌。父、元気でね。

f:id:takehari:20170317182146j:plain

 

東京世田谷区用賀/東急田園都市線 用賀駅徒歩4分

脈診経絡治療 竹内鍼灸治療院

 

広告を非表示にする